どこよりもわかりやすい矯正歯科メディア 香川編
どこよりもわかりやすい矯正歯科メディア 香川編

矯正治療中の歯磨きはどうやる?

ここでは、矯正治療中の歯磨きの仕方についてご紹介します。
矯正器具がついているとどうしても磨きにくくなってしまう歯磨き。隅々まで磨くための注意点も覚えておきましょう。

ブラケット装置 装着時の歯磨き

ワイヤー矯正であるブラケットを用いての矯正治療。
歯に装置がついている為、どうしても細かいところまで磨けなかったり、磨き残しが出てきてしまうことがあります。
よって、ブラケット装置装着時には、いつもより歯磨きをする時間を長くしたり、専用のブラシで歯磨きを行いましょう。

歯ブラシで磨く

ブラケット装着時には、まず歯ブラシで歯を磨くことによって目に見える大きな汚れを落とすことができます。
歯ブラシで歯を磨く際のポイントは、装置がついていないときよりも時間をかけて歯磨きすることと、歯ブラシの毛先が磨きたいところにしっかりと当たっていることを確認することです。

特に、ブラケットの上と下を磨く時には、装置に対して歯ブラシの毛先を45度の角度で当て、小さく細かく磨きましょう。歯ブラシを傾けることによって、装置のくぼみや隙間に溜まった汚れを落とします。1本1本丁寧に細かいところまで磨くことによって、目に見える範囲の汚れは落ちてくれるでしょう。

また、鏡を見ながら歯を磨くのも大事なポイントです。鏡を見ることによって、歯ブラシの毛先がしっかりと歯の磨きたい所に当たっているかどうかを確認できます。
ちなみに、ブラケット装着時に使用する歯ブラシの頭は、小さい方が奥歯まで当てやすいので選んで買いましょう。

タフトブラシで磨く

複雑な形態をした装置であるブラケットは、装着すると通常の歯ブラシだけで歯をしっかり磨くことは難しくなってしまいます。
そこで、大まかな部分は歯ブラシに任せて、細かいところは毛先がひと束になった「タフトブラシ」を使用しましょう。ワイヤーに歯ブラシの毛が付いた「歯間ブラシ」もおすすめです。
ブラケット装着時、通常の歯ブラシでは磨くことが難しい歯と歯の間は、タフトブラシを使うことで1歯1歯丁寧に磨くことができます。

特に、ワイヤーの下や歯がデコボコしている所は普通の歯ブラシの毛先が届きにくいため、タフトブラシが活躍します。
タフトブラシにデンタルフロスなども併用すると、より一層清掃効果を高めることが期待できます。

マウスピース装着時の歯磨き

歯磨きは装置の装着前に

マウスピース矯正は1日最低20時間以上の装着が必要とされている為、マウスピース装着時に歯磨きをしたいときには、装置を装着する前に歯を磨きましょう。

マウスピースを口の中が汚れた状態で装着してしまうと、細菌の活動性が高くなり、虫歯や歯周病のリスクが上昇してしまいます。

マウスピースの装着時には唾液特有の自浄性や殺菌作用が期待できない為、口を綺麗にするなら必ずマウスピースを装着する前にすることが重要です。

矯正治療中の歯磨きについて注意点

歯の矯正治療中は、どうしても食べ物が装置の間に挟まりやすくなってしまったり、汚れが溜まりやすくなってしまいます。

よって、矯正治療前に行っていたようなブラッシングの仕方では装置に付着した汚れを完全に取り除くことはできません。

矯正中に歯磨きをする際には、通常の歯ブラシはもちろんのこと、毛先の小さい歯ブラシであるタフトブラシや歯間ブラシも併用しましょう。
これらを使用することによって、装置とワイヤーの隙間に入ってしまった汚れを取り除くことができます。

尚、装置の隙間に挟まった汚れなどを放置すると、虫歯や歯周病の原因となってしまうため注意が必要です。

矯正中は矯正装置に合った歯磨きを行い、やりにくいようであれば行きつけの歯医者の先生に相談しましょう。

矯正治療を完了させるまでに歯の汚れが原因で他の病気に罹ることがないよう、歯の健康を継続して保つことを心掛けてください。

上里聡院長とこうざと矯正歯科クリニックについて
上里聡院長
どんなお悩みでも優しく対応してくれます

矯正治療を行なうのは、日本矯正歯科学会と日本成人矯正歯科学会の認定医資格を持った上里院長のほか、日本成人矯正歯科学会認定矯正歯科衛生士の資格を持った歯科衛生士です。
お子様はもちろん、成人の方まで幅広く治療に対応しています。
通いやすい歯科医院を心掛けており、矯正・マウスピース矯正に対応。上里院長をはじめ、どんなお悩みでも優しく相談に乗ってくれる方々ばかりです。

TEL 0877-45-3710
所在地 香川県坂出市駒止町1-4-2